Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

セブンイレブン限定スイーツ!「生どら濃厚マロン」がめちゃくちゃ美味しかった

      2016/10/23

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

モンテールから発売されている生どらシリーズの記事もこれで7記事目になりました。

1ヶ月か2ヶ月に1回は新商品が出ているのでまだまだこのシリーズも続きそうな気がします。

今回は栗ですよ!栗!

[スポンサーリンク]

モンテール社製「生どら濃厚マロン」

生どらマロン1立秋も過ぎているので夏も終わり、そろそろ秋の気配がして来たこのタイミングで栗のスイーツですよ。さすがモンテールさんよく分かってらっしゃる!

栗の旬は9月~10月なので今が丁度ピークぐらいでしょうか?

そこまで食べる機会は多くは無いですが、いっしょん栗は大好きです!天津甘栗とか栗の甘露煮とか。そんないっしょんの好物栗が使われた生どらとかもう美味しいに決まってます。

生どらマロン2今回はなんと生地にもマロンが練りこまれているらしいです!そして勿論クリームにも。

[スポンサーリンク]

生どらマロン3見た目はいつもの生どらとは変わらないですね。まぁ、当たり前か。

生どらマロン4いつものように半分にぶった切りました。前回のように中にはチョコクリームとミルククリームがみっちり!!みたいな見た目のインパクトはあまり無く割ってみても普通の生どらに見えます。

まぁ、そんな訳で一口…。

生地にもマロンが練りこんであり、ほのかなマロンの風味が鼻に抜けてとても美味しい。

クリームもしっかりとマロンの味がして更に粒状にしたマロンが中にちりばめられていていいアクセントになっています。

マロンは何語?

よくマロンは英語だと誤解されがちですが、マロンはフランス語です。

英語では「chestnut」です。チェスナットと読みます。元々フランスではマロングラッセというお菓子を栃の木(マロニエ)の実を使って作っていました。

マロングラッセが日本に伝えられた際、栗の実を代用品として作り始めたのがきっかけで栗がマロンと呼ばれるようになったようです。

まとめ

ダイエット記事の次にスイーツ記事を上げるそれがいっしょんクオリティ。

ダイエット中だからって無理に制限する必要は無いのです。たまには好きなものを食べないとストレス溜まってダイエットなんて出来ません!

みなさんどんどんとは言いませんが、ちょっとぐらいは食べてもいいと思いますよ?

期間限定とか書いてませんけど季節のものなんでそんなに長い間は置いてないと思うので、見かけたら是非試してみてください。

それでは。

[スポンサーリンク]

 - コンビニスイーツ, スイーツ

  関連記事