Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

夏季限定和菓子「七條甘春堂 天の川」と「亀屋清永 星づく夜」を買ってきたよ

      2015/06/22

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

毎年この時期になるとtwitter界隈でにぎわっている話題の和菓子「天の川」と「星づく夜」の2種類を京都で買ってきました。

[スポンサーリンク]

京都老舗和菓子店 七條甘春堂

慶応元年(1865年)創業の人気の老舗和菓子店です。

京都府京都市東山区本町新6丁目 七條甘春堂

住所:京都府京都市東山区本町新6丁目 七條甘春堂

七條甘春堂_七条店京阪七条駅から徒歩3分ほどにある「七條甘春堂 七条店」で天の川は購入することが出来ます。

七條甘春堂_本店ここから東にさらに3分ほどの所に「七條甘春堂 本店」があり、こちらでも同様に購入することができます。

他には伏見大手筋、JR京都伊勢丹や大阪のデリスタ天満橋、東大阪近鉄、東京の北千住マルイ、溝口マルイでも購入することが出来ます。

京都老舗和菓子店 亀屋清永

元和3年(1617年)創業の老舗和菓子店。こちらの方が七條甘春堂よりも歴史は古いですね。

京都府京都市東山区祇園町南側534

住所:京都府京都市東山区祇園町南側534

こちらは京阪祇園四条駅から徒歩10分の所にある亀屋清永 本店で購入することが出来ます。他にも京都高島屋、京都伊勢丹でも購入できます。

ちなみに、私は京都伊勢丹で購入しました。

天の川

天の川1はい、そんな訳で購入してきた天の川です。お店の人に聞きましたが、人気商品すぎて午前中でほぼ売り切れてしまって午後はほぼ無いそうです。もし、購入をお考えの方は午前中に行かれることをオススメします。七条店、本店は9:00開店、伏見大手筋店は10:00開店です。

人気商品なので、一人2本までで値段は1本\800(税別)です。

琥珀羹に揺らめく星屑をイメージした美しい見た目

天の川2封をあけてまず目を奪われるのは夜空をイメージした深い青色。青、紫、白、小豆4つの層が非常に美しいです。

天の川3寒天で固められた部分は思ったりよりも固めで味もそこまで主張しません。小豆とのバランスも良くとても美味しいです。

保存する時は直射日光の当たらない場所で常温保存です。

お店の人に聞きましたが、食べる1時間前ぐらいに冷蔵庫に入れて冷やすのがオススメの食べ方らしいです。

[スポンサーリンク]

星づく夜

星づく夜1京都伊勢丹で購入しました。私が行った時にはもう売り切れていて、午後に入荷するとの事で取り置きをお願いしました。

サイズは小と中があり、それぞれ\750(税別)、\1,100(税別)です。

満点の星が輝く夜空をイメージ

星づく夜2こちらも星空をイメージした爽やかな見た目です。月は羊羹、星は淡雪羹で形作られています。パッションフルーツとレモンが香る非常に美味しい和菓子です。

ただ、かなり甘いので好みは分かれるかもしれません。

こちらは冷蔵庫で保存ですかねー。

並べてみました。

天の川5

天の川4天の川は外側の青い部分がずれやすく、包丁を入れると結構簡単にずれてしまうので、切り分ける場合は注意が必要です。

まとめ

「天の川」、「星づく夜」どちらも夏季限定発売で数量限定です。

天の川はネット販売もしていますが、人気商品なので販売が開始すると速攻で売り切れてしまってネット販売は早々に終了してしまいました。確実に手に入れたい場合はやはり、販売店に直接出向く必要があります。

星づく夜はネット販売はしていませんが、電話、FAXで注文することは出来るようです。

興味がありましたら、是非試してみてください。

それでは。

[スポンサーリンク]

 - スイーツ

  関連記事