Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

どっちがいいの?AppleTVとChromecast両方を使ってみた感想

      2015/11/05

chromecast4

どうも、いっしょん(@issyon_memo)です。

前回の記事でAppleTVをめちゃくちゃ推してましたが、Chromecastも使っています。

両方使ってみて両方のメリット、デメリットが見えてきたので2つを比較してどっちがいいのか見てみようと思います。

[スポンサーリンク]

AppleTV

appletv1

Appleから発売されているセットアップボックスです。見た目が本当にスタイリッシュでおしゃれです。コントローラーもあるのですが、余計な物は省いてシンプルな作りになっています。専用アプリを使うとiPhoneがコントローラー代わりになります。

Chromecast

chromecast1

Googleから発売されているスティック型のデバイスでAppleTV同様スマートフォンやタブレット、PCの動画をテレビに映すことができます。

AppleTVのメリット

S/PDIF対応

いわゆる光デジタルケーブルです。デジタルアンプへの接続して劣化のない高音質で映像を観ることが出来ます。

有線LAN対応

最近の無線は品質も上がり、めったなことでは途切れたりしませんが、途切れる時は途切れます。そこで、有線LANを使用することで安定したネットワーク環境で読み込みが少なくなり、ストレス無く映像を楽しむことができます。

映画のレンタルができる

観たい映画がある、でも借りに行くのは面倒くさい・・・。そんな時にAppleTVからiTunesStoreで直接映画のレンタルをすることができます。勿論レンタルだけでなく購入することも出来ます。

AppleTV単体でyoutubeなどの動画を再生できる

ネットさえ繋がっていればyoutubeやHuluなど様々なストリーミング映像を見ることができます。

AppleTV経由でHuluに会員登録すると1ヶ月無料

通常無料期間は2週間ですが、AppleTVから登録するとなんと1ヶ月無料になります。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

[スポンサーリンク]

AppleTVのデメリット

Windowsに対応していない

MacならPC画面やPC内に保存されている映像を簡単にAppleTVからテレビに映すことが出来ますが、Windowsはそれが出来ません。

基本的にiPhone、iPad経由で映像を映すことになります。

値段が高い

Chromecastに比べると値段がかさみます。

 Chromecastのメリット

コンパクトで持ち運びしやすい

重さが34gと非常に軽く、持ち運びがとても楽です。

対応している日本向け動画サービスが多い

AppleTVで対応しているストリーミングサイトは一部を除き基本海外向けです。ですが、Chromecastは非常に多いです。

youtube

Dailymotion

Viki

Google Playムービー

dビデオ

ビデオパス

ビデオマーケット

楽天SHOWTIME

劇場三昧

DMM.com

Hulu

これ以外にもまだ沢山あります。今後もどんどん対応されていく思います

サードパーティ製アプリが豊富

ChromecastはSDKを配布しているのでサードパーティ製アプリがとても多いです。AppleTVも一応アプリはありますが、AppleTV対応ではなく内臓されているAirPlay対応アプリです。

価格が安い

AppleTVに比べ値段が安いです。値段が安い分、手が出しやすく便利なので、値段以上の価値はあるのではないかと思います。

ゲストモード

最近アップデートされた機能ですが、Chromecastと同じネットワークに接続していなくても設定されたPINコードを入力することでChromecastを共有できるようになりました。

友人が遊びに来て友人のスマホから映像などを映したい時にネットワークのパスワードを教えるよりも安全ですばやく使用することができます。

Chromecastのデメリット

単体では動画を再生できない

スマートフォン、タブレット、PCを使用しないと動画を再生することができません。PCからChromecastに動画を飛ばすにはGoogle Chromeの拡張機能でChromecastのアプリをインストールする必要があります。

設定が面倒くさい

ChromecastにはコントローラーはついていないのでスマホやPCからアプリを使って設定を行う必要があります。ネットワークの設定もアプリから行いますが、たまに上手くいかなかったりして焦ります。

出先のネットワークでChromecastを使おうと思ったらすでに設定しているネットワークをChromecastアプリで削除して新たに設定しなおす必要があります。

熱暴走を起こす

長時間使っているとかなりの熱を持ちます。熱暴走を起こすと映像の接続が切れたりします。数時間使用したらしばらく休ませて冷やしたほうがいいかもしれません。

まとめ

結局どちらの方がいいのかといいますと、家で使う場合やMac、iPhone、iPadユーザーはAppleTV。

出先で使用する場合、Androidユーザー、WindoesユーザーはChromecastを使用するのがいいのではないでしょうか。

私個人としては全力でAppleTV推しです。

ちなみに私は、自宅ではAppleTVを使用し、出張先のホテルではChromecastを使用して映画やドラマを楽しんでいます。最近HuluもChromecastに対応したので出張ライフも楽しめそうです。

それでは。

-関連記事-
AppleTVをおすすめする4つの理由

ついに新型AppleTV発売!開封の儀

[スポンサーリンク]

 - Android, Apple, ガジェット ,

  関連記事