Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

力いっぱい書いても芯が折れないシャーペン!?ゼブラ「デルガード」レビュー

      2015/05/16

どうも、いっしょん(@issyon_memo)です。

皆さんシャーペン使ってますか?私は社会人になってからシャーペンよりボールペンを使うことの方が増えましたが、まだまだシャーペンも使います。

書いているうちに力が入ってついつい芯を折ってしまいます・・、そこで今日は力を入れても芯が折れないシャーペン「デルガード」をご紹介したいと思います。

[スポンサーリンク]

芯が折れないシャーペン「デルガード」

芯を守る。ずっと書ける。

筆記中の、あらゆる角度のどんなに強い筆圧からも折れないように芯を守ります。紙面に対し、垂直に強い筆圧が加わると、軸に内蔵されたスプリングが芯を上方向に逃し折れを防ぎます。斜めに強い筆圧が加わると、先端の金属部品が自動で出てきて芯を包み込みガードします。その二つの機構が、加わる力の角度や強さに合わせて自動で配分を調整して作動します。
(※芯が出ていない状態から、4回以上ノックして書くと折れることがあります。)

芯づまりも防ぐ

軸内部にシャープ芯を誘導する部品を取り付けたことで、短い芯でもずれてつまることがありません。芯折れや芯詰まりを気にせずに使えることで、毎日の勉強やテストなどの大事な場面で、ユーザーが安心して書くことに集中することができます。『デルガード』は、ベストパフォーマンスを提供します。

出典:ゼブラHP デルガード商品紹介ページ

delguard見た目は普通のシャーペンです。


delguard2中をあけてみるとこんな感じ。この軸についているバネが力を逃がして芯が折れるのを防ぐようです。

delguard3芯を結構長めにだしてみました。普通のシャーペンならこの状態で力を入れて押し込めば間違いなく折れます。

delguard4しかし、内臓されているバネのおかげで力が分散されて芯が折れるのを防いでくれています。

[スポンサーリンク]

本当に力を入れて書いても折れないの?

バネの力で芯が引っ込むのは分かりました。では、実際に力を入れて書いてみたら本当に折れずに書くことができるのでしょうか?

実際に力いっぱい書いてみました。ゴリゴリ音がなってますが全然折れない!これはすごい。

それにしても相変わらず字が汚い・・・、書いててなんだこの汚さは!!って思いましたが気にしないことにしました・・・。

さらにこの「デルガード」芯が折れないだけでなく、芯詰まりも起こらない構造になっているのです!芯が詰まって壊れたりも結構するので非常にありがたい機能です。

まとめ

今までは芯が折れて使える芯が短くなり勿体無いと思ってました。ですが、この「デルガード」を使うとそんなこと思わなくて済むようになります。

シャー芯を交換する場合も特別な専用の芯ではないので、今まで使っていた芯で大丈夫です。シャーペンをよく使う学生さんに特にオススメです。もし、気になったら是非試してみてください。

それでは。


[スポンサーリンク]

 - 雑記

  関連記事