Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

ハイレゾ音源がない!?無ければ作ってみよう!

      2015/05/22

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

今回は買うと意外と高いし曲数もまだ少ないハイレゾ音源をCD、mp3から自作してみようと思います。

[スポンサーリンク]

ハイレゾと言っても疑似ハイレゾ

CDからのアップサンプリングを行うので一応音質は向上しますが、ダウンロード販売している音源には程遠いです。

あくまで量子ビット数とサンプリング周波数を上げて音の幅を広げるだけです。

使用するソフト

使用するソフトは「AudioGate」です。

ここからダウンロードすることができます。

↑から「旧バージョンのダウンロードはできますか?」という文言の下のリンクをクリックするとダウンロードが始まります。

 

現在は「AudioGate3」という有料のソフトがリリースされているので無料の旧バージョンを使用します。

※使用するにはTwitterアカウントが必要です。

 

「AudioGate」のバージョンがv2.3.3から v2.3.4に変わりKORG 1bitオーディオ製品をコンピュータに接続しないとアクティベートが行われず、使用できないようです。

[スポンサーリンク]

ソフトの使用方法

ソフトを開くとこのような画面になります。

ここにハイレゾ化したい音源をドラックします。

※曲は事前に用意しておいてください。

ここではmp3ではなく元の音声データからの音声劣化が無い「FLAC」形式で音源用意しました。

曲名を右クリックするとメタ情報を入力できます。

元の音源からのメタ情報は引き継がれないので、編集しておいてください。

右下の「EXPORT」を押すと出力する曲の設定を行えます。

ファイル形式:FLAC

ファイルの種類:ステレオ

サンプリング周波数:96.0kHz

量子化ビット数:24bit

出力先フォルダは任意で決定してください。

設定が終わったら「OK」をクリックします。

「OK」をクリックするとツイート画面が表示されます「ツイート」をクリックすると変換が開始されます。

変換を行う毎にツイートが行われるので専用のTwitterアカウントを作っておいたほうがいいかもしれません。

変換が終了しました。

ハイレゾプレイヤーに曲を移して聴いてみましょう。

 

ハイレゾとして認識されて右側に「HR」 のロゴが表示されました。

肝心の音ですが、変換する曲によって音がよくなったり、逆に悪くなったりするものもあります。

この曲は低音が強調されるようになりました。

後、メタ情報の編集をミスって一番下が表示されてませんね・・・。

まとめ

一応これでハイレゾ化されました。

あくまで疑似なので、やはりダウンロード販売サイトで購入して聴くのが一番いいかもしれません。

ソフトのバージョンが上がって新規では製品を購入しないと使用できないようなので、また機会があれば別の方法を書きたいと思います。

それでは

[スポンサーリンク]

 - オーディオ ,

  関連記事