Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

iPhone6の速度が大幅に変わる!次世代高速Wi-Fi(ワイファイ)規格 IEEE802.11ac

      2015/05/22

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

iPhone6から搭載されている11acの測度を測ってどれだけ早くなっているのかみてみました。

[スポンサーリンク]

次世代高速Wi-Fi規格11acとは

無線LANの標準規格の一つで、5GHz帯をの電波を使用して高速データ通信を行う事ができる仕様です。
正式名称はIEEE802.11acといいます。
電波法関連規制の改正により、日本でも11acが使用できるようになりました。

今までは11nが主流で速度も理論値600Mbpsでしたが、11acは理論値6.9Gbpsと11nの約11.5倍、圧倒的な数字です。

11acを使用するには、11ac対応のルーターが必要です。
我が家ではBUFFALOのWZR-1750DHP2を使用しています。

 

ついにiPhone6にも搭載!

Apple製品にはすでに11acが搭載されたmac book airやAirMac Extremeなどが発売されています。
今までのiPhoneは11n/g/bが搭載されていましたが、とうとうiPhone6で11acが搭載されました!

 

計測

11n(2.4GHz)

ではでは実際に速度は速くなったのか計測してみましょう。
最初は11nです。
帯域は2.4GHzを使用しています。

2.4ghz

5回計測して平均を赤丸で囲んでいます。
平均は40.69Mbps

決して遅い速度でもありません。
ネットサーフィンをやる分には何の不自由もなく見れるレベルです。

11ac(5GHz)

次に、11acの速度を見てみましょう。
こちはの帯域は5GHzです。

5ghz

こちらも5回計測してその平均を赤丸で囲っています。
平均は210.82Mbps
使用しているルーターWZR-1750DHP2の理論値は1300Mbpsで、内臓されているアンテナは3本です。
iPhone6に搭載されているアンテナは1本なので、1000Mbpsを越えるということはありません。
理論値は431.25Mbpsです。

それでも、11nの約5倍の速度が出ました。
今までのiPhoneからすれば、意味の分からない速度です。
計測して自分でも軽く引きました・・・。

youtubeなど見る際はロードを待つことがほぼなくなりました。

[スポンサーリンク]

まとめ

速度が速くなっていいことばっかりと思うかも知れませんが、11acには弱点があります。
11acの帯域は5GHzなのですが、5GHzは2.4GHzと違って他の電子機器と干渉し辛いです。
ですが、遮蔽物にはとても弱くルーターを置いてある隣の部屋でも繋がらないことがあります。

なのでルーターと11ac対応機器の間に遮蔽物がある場合は11ac対応の中継器を設置したほうがいいかもしれません。
私もそのうち中継器を導入予定です。

それでは。

[スポンサーリンク]

 - iPhone, ガジェット , ,

  関連記事