Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

実は簡単!LANケーブルの作り方

   

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

家で使っているPCは全部有線なんですが、LANケーブルは全部私が作っています。LANケーブルって作るのとっても簡単なので、ご紹介したいと思います。

[スポンサーリンク]

LANケーブルの種類

ストレートケーブル

よくPCなどで使用される一般的なケーブルです。主にネットワーク機器(ハブ、ルーター等)と接続します。

クロスケーブル

PC同士を繋ぐ溜めのケーブルです。クロスケーブルを使う場面は今ほとんどありません。

カテゴリの違い

今現在、イーサネットの通信規格は複数あり、規格によってネットワークの最大伝送速度が違います。

LANケーブルの伝送速度によって細かくクラス分けされていて、この分けられた一つ一つをカテゴリといいます。

キャリコさんのブログでこのカテゴリの違いが詳しく書かれているので是非読んでみてください。

ちなみに、今回はカテゴリ5eのLANケーブルを作成します。

用意するもの

LANケーブル(カテゴリ5e)

LANケーブル部屋が汚いのは気にしないでください。

はい、まずは”どこの家庭にも1箱はある”カテゴリ5eリール巻き(100m)今回はこちらを使っていきます。

かしめ工具

かしめはい、こちらもどこの家庭にも1本はある(以下略

これはケーブルとコネクタをくっ付ける為の工具です。追々使っていきます。

RJ45コネクタ

RJ45コネクタLANケーブルの先にくっ付いているコネクタです。単線用とヨリ線用というのがあるのですが、今回使用するケーブルは単線なので単線仕様のコネクタを仕様しましょう。

外皮むき工具

外皮剥き工具LANケーブルの皮膜を剥く時に使います。慣れるとカッターナイフ等でも代用できます。

テスター

テスターLANケーブルを作った後、正しく線がコネクタに入っていないと繋がらないので、この機械を使って繋がるかどうか検査を行います。

実際に作ってみよう

ケーブルを適当な長さに切り分ける

LANケーブル2必要な分だけ好きなように切り分けてください。使う予定の長さよりも少し長めに切っておいたほうがいいと思います。

皮膜を剥く

外皮剥き工具2外皮むき工具があるならLANケーブルを挟んで1回転させると皮膜にだけ切れ目が入ります。

LANケーブル3皮膜を剥くとこんな感じで色違いの計8本の細い線が入っています。

LANケーブル4捻れているケーブルは8本全部まっすぐに伸ばしておきます。

[スポンサーリンク]

ケーブルを並べる

LANケーブル5LANケーブルには「TIA/EIA568A(通称:A配線)」と「TIA/EIA568B(通称:B配線)」の2種類の規格があります。A配線とB配線で性能の差はありません。

現在市販されているLANケーブルの完成品はほとんどがB配線です。なので、今回作るケーブルもB配線で行きます。

B配線は左から「白橙、橙、白緑、青、白青、緑、白茶、茶」の順番で並べます。白緑と白青の色が近いので、間違わないように注意しましょう。

並べ替えたら皮膜を剥がしたところから1cmぐらいの所で切ってしまいます。あまり長すぎてもコネクタに入りきらないので…。

コネクタにセットする

LANケーブル6丁度いい長さに切ったらコネクタにケーブルをセットします。コネクタの爪を下にした状態で並べ替えたケーブルがバラけ無い様に注意してセットします。

LANケーブル8この時ケーブルを奥までしっかり差し込んでコネクタについている金色の端子に接触している事を確認します。皮膜もなるべく奥に差し込むようにします。

かしめる

LANケーブル7コネクタをかしめ工具に差し込んでしっかりとかしめます。

かしめ工具にはコネクタがぴったりはまる穴が空いているのですぐわかります。

LANケーブル9かしめるとコネクタの中で爪が皮膜に食い込んで固定されます。

テスターで疎通確認をする

テスター1反対側も同じ要領でコネクタを取り付けたらテスターで疎通確認を行います。

自信があるならやらなくてもいいですが、失敗していたとき後々面倒なのでこの確認はやっておいたほうがいいです。LANケーブルの両端をテスターの端子にそれぞれ接続します。

テスター2電源を入れるとランプが点等して1から順に下に下がって行きます。どちらのランプも順番に下がっていったら問題なく疎通が取れています。

もしどちらかのランプが消えていたり、下がる順番が違っていたりするとコネクタをかしめる時にきちんと奥まで押し込めていなかったり、並べるケーブルの順番を間違っている場合があります。

完成

LANケーブル10そんな訳で、完成したケーブルがこちら!この形のケーブルはよく売っているやつで見かけますね。

自作の利点は自分の好きな長さにすることが出来る事、大量に作ると1本辺りのコストを抑えられえる事。私の部屋は後から壁に情報コンセント(LANケーブルを挿す場所)を取り付けたのでコスト的に非常に安く済みました。

折角なので、速度測定

ネットスピードPCに接続して通信速度を測ってみました。

下り:265.83Mbps

上り:240.69Mbps

PING:7ms

おー、中々の数値が出ました。普通にネットサーフィンをする分には全く問題の無い数値です。

PINGと言うのはサーバーからのレスポンス速度で数値が小さいほどいいといわれています。オンラインゲーム(特にFPS)ではこのPINGで差が出る程です。

まとめ

最初慣れない内はちょっと大変ですが、慣れるとすごく簡単に作れるようになります。作れると何かと便利なので覚えておいて損は無いと思いますよ。

今回使用した道具ですが、全部がセットになったキットが発売されています。こう言うキットでも充分ちゃんとしたLANケーブルを作ることが出来るので、最初はこれでもいいんじゃないかと思います。

興味があって、LANケーブルが必要な方は是非作ってみてください。

それでは。

[スポンサーリンク]

 - 雑記

  関連記事