Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

いっしょん的このライトノベルがすごい!ランキング

      2015/01/18

どうも、いっしょん(@issyon_memo)です。

ライトノベルってご存知ですか?軽小説とも言います。

本文中に挿絵を加え読みやすい文章で書かれた小説です。中高生向けとされていますが大人でも結構読んでいる方もいらっしゃいます。私も最近はマンガよりもライトノベルを読んでいる冊数の方が圧倒的に多いです。

今日は今まで読んできて面白かったライトノベルをご紹介したいと思います。個人的に面白かったマンガも別の記事で書いていますのでよろしければあわせてご覧ください。

-関連記事-
いっしょん的このマンガがすごい!ランキング

[スポンサーリンク]

いっしょん的このライトノベルがすごい!ランキング

第1位

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

第4回GA文庫大賞の大賞作品。第3回ラノベ好き書店店員大賞第1位。シリーズ累計50万部を突破しているライトノベルです。

~あらすじ~

迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。

「よし、ベル君、付いてくるんだ!
【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」
「はいっ! 僕は強くなります! 」

どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

出典:GA文庫「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」特設ページ

これはかなりハマりました。今年に入って読んだ中で一番おもしろかったです。弱くてただ守られるだけだった主人公が憧れの人と並びたいと願い高みを目指すところがたまらないです。

第2位

ソードアート・オンライン

こちらは中々有名な作品。アニメ化もされ、現在第2期が放送中です。

元は作者が自身のウェブサイトに掲載し話題になり書籍化されました。こちらはシリーズ累計1000万部を突破、全世界では1400万部を越えています。

VR技術が発達し、ユーザーの脳を直接ネットワークに接続しMMOの世界を体験するゲームに閉じ込められログアウトするには第100層にいるボスを倒すしかなく、体力がゼロになると電磁パルスが脳を破壊するように設計されているのでコンテニューも出来ないデスゲームをクリアしていく話です。

2030年にはVR技術がかなり進化し、五感全てをカバーする機械が開発されると言われています。そうなるとこういうRPGも発売されたりするんですかね・・・?ちょっとワクワクします。

第3位

六畳間の侵略者!?

六畳一間、家賃は月5000円のころな荘一〇六号室に”幽霊”、”宇宙人”、”魔法少女”、”地底人”が部屋を狙って押し寄せてきた。そんな侵略者達と主人公の壮絶な闘いが幕を上げた。六畳の部屋をめぐるドタバタラブコメディ。

正直序盤の巻はかなり微妙です・・・。それでも読んで行き巻が進んでいくと一気に面白くなります。序盤の伏線を後になってきちんと回収し、各キャラが部屋を狙った理由なども語られて読み応えは抜群です。

第4位

Re:ゼロから始める異世界生活

~あらすじ~

異世界に迷い込んだ普通の高校生――菜月昴が出会った銀髪の美しい少女。彼女の力になりたくて、側にいることを望んだスバル。

だが、彼女の背負う宿命はスバルの想像を超えるものだった。次々と襲い来る敵。裏切り。理不尽な暴力――そして「死」。

彼女が傷つくのは見たくない。その為ならどんな相手でも、どんな運命であろうとも、全部ねじ伏せる!

「死に戻り」――無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す唯一の能力。

それは誰もが笑顔で居られる世界へと導く可能性――スバルの命と孤独を糧に。

力を使えば過去は失われ、思い出すらも書き換えられる。忘れられた思い出を一人秘め、ボロボロに傷つき、心をすり減らし、命を賭して――それでもスバルは抗い続ける。

大切な人たちを守るために。

確かにあったはずのかけがえのない時間を、取り戻すために。

出典:「Re:ゼロから始める異世界生活」特設ページ

小説投稿サイト「小説家になろう」で連載しているオンライン小説です。

サイトで非常に人気があり、今年の1月に書籍化されました。死ぬことで時間が巻き戻るというライトノベルではあまり無い設定(時系列の管理が大変なので)。

第5位

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

精霊が存在し、科学というものが信じられていない世界。科学の概念を独自に解釈した帝国軍人である主人公が仲間と共に科学と持ち前の優れた戦術指揮能力を駆使し戦火を駆け抜けていく物語。

戦略なども細かく練られていて読んでいてワクワクさせられます。5巻を最後にイラストレーターが体調不良により、降板6巻からは別のイラストレーターが挿絵を担当しています。

第6位

文学少女シリーズ

文学少女シリーズは過去の文学作品がモチーフになっています。上記の「”文学少女”と死にたがりの道化」では『人間失格』がモチーフになっています。学生の頃人間失格は読みましたがイマイチよく分かりませんでした。年月が経ち大人になった今改めて太宰治の人間失格を読んでみようかなと思わせてくれるような小説でした。

[スポンサーリンク]

第7位

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる

こちらも文学少女シリーズと同じ作者で、文学作品がモチーフになっています。吸血鬼になってしまった主人公、純粋でとても脆いそれでも必死に立ち上がる姿はぐっときます。

第8位

コンプリートノービス

レベル至上主義のオンラインゲームの世界、そんな世界でレベル1で戦い続ける主人公のチートでは無いけどチートくさいゲームの隙を突いたテクニック必見です。

第9位

異世界チート魔術師

異世界に飛ばされたらそこでは魔力の才能があり、いきなり最強の力を手に入れさらに修行を行い戦闘スキルまで獲得して俺TUEEEEEEEEする物語です。好みは分かれますが、主人公がめちゃくちゃ強い話、私は大好きです。

第10位

クロックワーク・プラネット

地球が活動を停止し、地球全てが時計仕掛けで再構築された世界で繰り広げられるSFファンタジー。ラブコメとSFのメリハリがきっちりしていて読んでいて飽きが来ないです。

現在3巻まで出ていますが、続きが楽しみになります。

まとめ

ライトノベルは文字通り軽い小説ですが、読むのはそれなりに時間が掛かります。最近は買う量に読む量が追いつかなくて積んでいる本が何冊かあります・・・。

今回ご紹介した本以外にも面白いのは沢山ありますので、興味がありましたら是非読んでみてください。

それでは。

[スポンサーリンク]

 - ライトノベル

  関連記事