Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

オヤイデ電気MMCXリケーブルHPC-MXレビュー

      2015/05/11

どうも、いっしょん(@issyon_memo)です。

今まで使っていたMMCXリケーブルHPC-SEが断線してしまったのでこの後継モデルHPC-MXを購入しました。

HPC-SEとどこが違うのか見ていこうと思います。

[スポンサーリンク]

オヤイデ電気の技術がふんだんに使われたMMCXリケーブル

hpc-mx1

オーディオ業界では知る人ぞ知る小柳出電気商会(通称:オヤイデ電気)が新しく発売したMMCX着脱型イヤホン用リケーブルです。ケーブルの色は赤で長さは1.2mです。このほかにブラックとシルバーがあります。

HPC-SEからの変更点

導体

HPC-SEではPCOCC-A AWG26という導体が使用されていましたが、メーカーが製造を中止したことでオヤイデ電気が開発した102SSCという導体へと変更になりました。

説明読みましたがイマイチよく分かりませんが、簡単に言うと持てる技術を結集して表面の不純物を除去して導電率を最大限まで引き上げた導体ということらしいです。

ミニプラグ

hpc-mx2

ケーブルと再生機器を繋ぐプラグです。手前が前まで使っていたHPC-SE、奥が今回購入したHPC-MXです。

見た目が明らかに違います。HPC-SEはプラグが垂直に伸びているので、再生機器と繋いでポケットに入れた時など付け根に負担が掛かり断線してしまいました。

HPC-MXではそこが改善され少しカーブが掛かってさらに付け根も補強されています。こういうところは地味にありがたいです。

hpc-mx4

実際に繋げて見るとこんな感じになります。

MMCXの伸縮自在スリット

hpc-mx3

分かり辛いですが、右側のHPC-MXには十字のスリットが入っています。このスリットが入っていることによってイヤホンがMMCXプラグから格段に外しやすくなりました。

今までは結構力を入れていて壊れそうで怖かったのですが、今ではそんな心配もしなくなりました。

[スポンサーリンク]

肝心の音は?

まだ最初でエージングもしてないのでなんとも言えませんが、今回のHPC-MXは前よりも低音がよく聞こえるようになった気がします。鳥肌が立ちそうなぐらい楽器一つ一つの音が明確に聴こえてきます。

今まで聞いていた曲も違った聞こえ方になるのではないでしょうか。

今回聴いた曲はPS2専用ソフト「アルトネリコ」のエンディングテーマ「EXEC_PHANTASMAGORIA/.」のハイレゾ音源です。高校時代このゲームにハマってゲームをクリアした時にこの曲が流れてきた時は鳥肌がしばらく治まりませんでした。もし興味あるなら是非聴いてみてください。

とてもいい曲ですよ。

まとめ

今回ミニプラグの耐久性が上がった事が地味にうれしいです。断線したところを直そうかと思ったのですが、ガチガチに固められていたので手が出ませんでした…。

MMCXリケーブルは自作もしましたが、あくまで作ってみたかっただけでメインで使う気は無かったんですよね。

自作したリケーブルも若干断線気味ですし…。こっちは気が向いたら修理したいと思います。

それでは。

-関連記事-
ハイレゾウォークマン、ソニーウォークマンNW-A16開封の儀

MMCXリケーブルは作れる!オーディオを楽しむ為にイヤホンケーブルを自作する

ハイレゾ対応ヘッドホン!ソニーMDR-10R開封の儀

[スポンサーリンク]

 - オーディオ ,

  関連記事