Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

ハイレゾウォークマン、ソニーウォークマンNW-A16開封の儀

      2015/05/22

 

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

ソニーハイレゾウォークマン「NW-A16」を購入しました!ハイレゾと通常音源の違いが私に分かるのか微妙なところですが、開封の儀を執り行いたいと思います。

 

[スポンサーリンク]

ハイレゾとはなんぞや?

Hi-Res

最近世間を賑わせている「ハイレゾ音源」これはCD音源を越える音質の音楽データの事です。ハイレゾはCD音源に比べ、音の強弱を細かく記録するので原曲に近い音を再現することができます。

と、言っても文章だけでは分かりづらいのでこんな画像を用意しました。

かなり極端な例です。

highrezoこちらが音楽データで言うところのハイレゾです。

輪郭がはっきりしていてとても綺麗に表示されています。

highrezo2

こちらがCD音源です。

一度解像度を落としています。

CDも曲を圧縮してCDに焼き込んでいるので原曲に比べると音が悪くなってしまいます。

 

本日発売、ソニーウォークマン NW-A10シリーズ

今まで、ハイレゾ対応のウォークマンはいくつかありましたがどれもウォークマンにしては大きくかさばりました。

ですが、世界最小、最軽量のハイレゾ対応音楽プレイヤーがソニーから満を持して発売されました。

それがNW-A10シリーズ!

NW-A16とNW-A17の2種類があり、それぞれ容量が32GBと64GBに分かれています。

カラーはA16がブラック、シルバー、ブルー、ローズピンクの4種類

A17はブラック、シルバーの2種類

容量を取るか、カラーを取るか悩みどころですね。

ですが、このA10シリーズはmicroSDを本体に挿入することで容量を増設できます。

128GBのmicroSDまで対応していますので、NW-A16は実質容量は160GB、NW-A17は192GBになります。

microSDも段々安くなって来ていて、64GBで3000円弱で手も出しやすくなっています。

128GBはまだ1万円を越えているので個人的にはウォークマンはNW-A16の方にして64GBのmicroSDで増設するのがいいと思います。

[スポンサーリンク]

20141108_1私は32GBのブルーにしました。早速開封していきたいと思います!

20141108_2

鮮やかでとても綺麗です。左下にはハイレゾの表記があります。

20141108_3付属品はPCとの通信、充電用のコード、イヤホン、説明書の3つですね。

20141108_5メイン画面です、画面のデザインは基本的には今までのウォークマンシリーズと変わっていません。

20141108_7

microSDは側面に挿入口があります。私は余っていた64GBのmicroSDを挿入してます。

20141108_6

e-onkyo musicにて1曲購入してみました。

ハイレゾ音源は右側に「HR」と表示されます。

肝心のハイレゾの感想ですが、楽器1つ1つの音がすごくよく聞こえます。

特に高音がすごく綺麗です。

アーティストがすぐ近くで歌っているような、息遣いも聞こえてきそうです。

私のボキャブラリーが乏しすぎてこの感動を上手く伝えられないですが、これは買うだけの価値があります。

今までのハイレゾ対応ウォークマンはAndroidを搭載していて、その関係でバッテリーの減りがどうしても早くなっていました。

ですが、今回のA10シリーズはAndroidを搭載しておらず、連続再生時間は50時間になっています。

20141108_8A10シリーズ用のケースも一緒に購入しました。


このケースには画面保護フィルムが同梱されています。

先日の記事と同じ方法で画面にフィルムを貼りました。

-関連記事-

誰でも簡単!iPhone画面保護フィルムの貼り方

iPhoneと違って画面が小さいので比較的簡単に貼ることができます。

今回購入したケースはクリアケースです。クリアケースは後ろと横を覆うような作りになっていて後ろはリセットボタンを押す穴が開いています。

20141108_9

上からはめ込むように装着していきます。

20141108_10左下にもツメが付いていて押し込むと「カチッ」と音が鳴り固定されます。

20141108_11

ソニー純正なので、サイズもぴったりですね。

これで落下や傷から守ってくれるはずです!

その他に、手帳のように閉じることのできるソフトタイプとやわらかい質感で落下の衝撃を吸収するシリコンタイプのカバーもあります。

まとめ

ハイレゾ音源とCD音源を聞き比べるまではそんなに耳もいい訳でもないし、聞き比べても分からないんじゃないの?って思ってました。

ですが、それは大きな間違いでした!ハイレゾ音源とCD音源には明らかな違いがあり、思わず「おぉ!」って言ってしまいました。

ハイレゾ音源はネットでしか買えないのでこれからも気になるのがあれば買って行きたいと思います。

ただ、1つ問題があるとすれば1曲あたり400円と少々高いことですかね・・・。

ですが、1曲買ってみると400円出しても聴きたいと思うほどの音質でした。

かなりオススメです!

ちなみに、NW-A16に付属されているイヤホンはハイレゾ対応ではありませんのでハイレゾ対応イヤホン又はヘッドフォンも一緒に用意するのがいいかもしれません。

それでは。

-関連記事-

MMCXリケーブルは作れる!オーディオを楽しむ為にイヤホンケーブルを自作する

オヤイデ電気MMCXリケーブルHPC-MXレビュー

ハイレゾ対応ヘッドホン!ソニーMDR-10R開封の儀

[スポンサーリンク]

 - オーディオ, ガジェット , , ,

  関連記事