Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

Windows10 Technical Previewを使ってみる-動作確認編-

   

どうも、いっしょん(@issyon_memo)です。

昨日インストールまでやったWindows10 Technical Previewを使っていきたいと思います。

昨日の記事はこちら
Windows10 Technical Previewを使ってみる-インストール編-

[スポンサーリンク]

Windows10 Technical Preview起動

win10_use_1昨日のうちにインストールは行いましたので「仮想マシの再生」でWindows10を起動させます。

win10_use_13ログイン画面が表示されるのであらかじめ決めていたパスワードを入力します。

win10_use_14ログインしました。ここから色々とみていきたいと思います。

スタートメニュー

win10_use_2Windows8では廃止されていたスタートメニューが復活しました。シャットダウンボタンも右上にあります。雰囲気はだいぶWindows8チックです。

よく使うソフトなどを右側にピン止めしておくことができます。

画面分割

win10_use_3Windows10からの新機能画面4分割です。各画面を角にドラッグすると丁度いいサイズに縮小されます。

win10_use_4勿論Windows7からの機能である2分割も健在です。

設定

win10_use_5右側からニュッと出てくる「チャーム」が廃止されました。その代わりに「設定」という項目ができました。ここで細かい設定を変えることができます。

[スポンサーリンク]

コマンドプロンプト

win10_use_6大きく変わったといえばコマンドプロンプトでしょうか、コマンドプロンプトのオプションで実験用コンソールの設定欄にチェックを入れると色々とできるようになります。

win10_use_7画像ではイマイチ伝わりませんが、ドラッグで選択し、Ctrl+Cで選択した所をコピーできるようになりました。今までは選択とコピーは少し特殊な操作をしなければいけなかったのですごい進歩です。

win10_use_9ウィンドウの大きさを変えると表示されている文章などが折り返されるようになりました。レスポンシブというやつでしょうか。

win10_use_10使いどころがイマイチ分かりませんが、Ctrl+Aで全選択出来るようになりました。これいつ使うんですかね?コマンドでテキストを書き出さずに直接コピーする為とかですかね?

アイコン

win10_use_11アイコンがなにやらダサいシンプルになりました。コントロールパネルは従来のアイコンのままです。この違いは何ですかね…?

タスクビュー

win10_use_12赤で囲っているボタンをクリックすると現在起動しているアプリやページがサムネイルで表示されます。右下のプラスボタンを押すと仮想デスクトップが追加されます。

ボタン類

win10_use_15戻るボタンなど全体的にボタンは目立たなくなっています。Windows10のシンプルなデザインにはよく合っていますがちょっと押しづらいです。

まとめ

今までと見た目がかなり変わり、ページ構成も結構変わっていて今までのWindowsを使っていた人は慣れるのに時間が掛かりそうです。逆にはじめてWindowsを使う人には直感的でわかりやすくなってるんじゃないかなーと思います。

あと、結構PCのスペックは必要かも知れません。仮想メモリは4GBにしていますが、動作に少しラグがあります。テクニカルプレビュー版だからなのかも知れませんが、製品版ではPCのスペックはある程度上げておいた方がいいと思います。

Windows10がリリースされて1年はWindows7、Windows8、Windows8.1を使用しているユーザーのアップデートが無料になるみたいですが、私はこのままWindows7を使うんだろうなーって思います。Windows10テクニカルプレビューはMicrosoftでダウンロードできますので、使ってみたい方は試してみてください。

それでは。

-関連記事-
Windows10 Technical Previewを使ってみる-インストール編-

[スポンサーリンク]

 - Windows

  関連記事