Memo-Randum.com

普段の何気ない事、興味を持った物など、書いていこうと思います。

羽生結弦選手の使うカスタムインイヤーモニターがカッコイイ!どういう物か調べてみた

      2015/05/16

どうも、いっしょん(@issyon_memo )です。

イヤホンマニアとして中々に有名な羽生結弦選手。

50本以上所持しているらしいです。イヤホンにも色々な種類がありますが、特に異彩を放っているのが「カスタムインイヤーモニター」通称「カスタムIEM」です。

作り方などを調べてみました。

[スポンサーリンク]

カスタムインイヤーモニターとは

それは世界に1つだけ、自分だけのイヤホンです。

インイヤーモニターは元々ライブなどでマイクや楽器が聞こえるようにするために付けているイヤホンでライブなどでアーティストが必ずと言っていいほど付けているのを見かけます。

カスタムインイヤーモニターは自分耳型を採って作るオーダーメイド製です。

オーダーメイド製なので自分の耳にぴったりフィットし、ライブ中でも高い遮音性を得ることができるのですが、値段がべらぼうに高いです。安くて6万ぐらい、高いものだと30万以上するものもあります。

自作は出来なくは無いと思いますが、絶対メンドクサイので大人しくお金を払って作ってもらったほうがいいと思います。

カスタムIEMの作り方

作れるところは色々あるみたいですが、e☆イヤホンが有名です。

ここで欲しいIEMを注文し、注文後にインプレッションと呼ばれる耳型を取る必要があります。耳型は補聴器を売っている店で採ってもらえます。お値段は片耳2000円~4000円ぐらいでしょうか。

注文から商品到着まで1ヶ月~2ヶ月ぐらいだそうです。

[スポンサーリンク]

羽生結弦選手が愛用するカスタムIEM

去年の暮れに新しくカスタムIEMを作ったみたいですが、そのカスタムIEMは「FitEar MH335DW」です。

このカスタムIEMお値段がハンパ無いです。お値段ずばり18万円。

さらに「Studio Reference化」というアップグレードサービスを施しています。このアップグレードサービスを行うことで音色に変化を与えるみたいですが、このサービスのお値段4万円。

合計22万円のカスタムIEMになります。

音が非常に気になるところですが、流石に22万のイヤホンには手が出せません…。お店で視聴など出来ればいつかやってみたいものです。

羽生結弦選手が愛用するSHUREイヤホン

羽生選手はカスタムIEMだけでなくSHUREのイヤホンも愛用しています。ちなみに、私もSHUREのイヤホンを使用しています。

SHURE SE535LTD

最近使っている人がよく見かけるようになったSHUREのイヤホンです。カナル型で耳に密着するので遮音性も非常に高く音質もかなり高く、見た目もかなりオシャレです。

このSE535もインイヤーモニターに分類されます。

いっしょんが愛用しているイヤホン


私もこのメーカーのイヤホンを使用しています。このSE215は値段も手ごろでSHUREイヤホンの入門としてはかなりのクオリティが高いです。

SHUREのイヤホンはケーブル部分を交換する「リケーブル」を行うことが出来るので、標準のケーブルで満足できなくなった人は別の物に交換したり、自分で作ったりすることが出来ます。

-関連記事-
MMCXリケーブルは作れる!オーディオを楽しむ為にイヤホンケーブルを自作する

オヤイデ電気MMCXリケーブルHPC-MXレビュー

シュア掛け

シュア掛けこのSHUREのイヤホンは作りが少々特殊で、通常イヤホンは耳に装着したらケーブルはそのまま下にぶら下げているのに対し、SHUREのイヤホンはケーブルを耳に引っ掛けて裏を通すことでタッチノイズが軽減されたり、イヤホンが外れにくくなったり、ケーブルが目立たなくなったりします。

SHUREのイヤホン以外でもこの掛け方は使えますのでよかったら試してみてください。ただ、出来るイヤホンと出来ないイヤホンがありますのでご注意ください。

まとめ

音響関連はこだわりだしたらキリがありません。キリがありませんが、それでもこだわりたくなってしまうのが音響マニアのサガなのでしょうか…。

あ、私はライトユーザーなので音響にそこまでお金かけたりしませんよ?本当ですよ?

まぁ、聴いてみたいとは思いますが…。

それでは。

 - オーディオ

  関連記事